side_inquiry.gif
ご相談メニュー side_voice_bnr.jpg
side_logo.gif

[所在地]
〒132-0034
東京都江戸川区小松川3-73
岩崎ビル1F
[アクセス]
JR総武線『平井駅』徒歩10分
都営新宿線『東大島駅』8分
[TEL]
03-5858-9455
[診療時間]
・月曜日~金曜日
9:00~12:00 15:00~20:00
・土曜日
9:00~12:00 14:00~17:00
・日曜日・祝日
休診

side_official_bnr.gif

HOME > 後遺症やよくある症状

後遺症やよくある症状

同じ衝撃でも、人によって症状の現れ方は様々です

af9940054723o.jpg交通事故の患者さんでよくある症状が、むち打ち症です。 むち打ち症は、レントゲンを撮ってみても骨に異常が見られない限り、原因を特定することが難しいケースがほとんどです。脳を含め内部環境がずれている、と言ったらいいのでしょうか、そういう場合が多いですね。

また、めまいなどは自覚症状のため、他人からは確認出来ないために、気持ちの問題とされることも多いのが現状です。
しかし、こういった一見、原因がよく分からない症状も、触診と問診をしっかりして、よくよく検査していくと原因が分かってきます。
例えば、左右の握力の違いや、左右の加重の状態、拇指の強さの違いから、首がどちらかに傾いてることが分かる場合もあります。

さらに、交通事故の場合、どちらの方向からぶつかったのか、という事もとても重要なポイントです。 斜め後ろから衝撃を受けたのか、真後ろから当たったのか、ぶつかった位置や方向によって、骨のずれる位置や方向が変わってきます。
右斜め後ろからバンと当たった場合は、右斜め前に骨がスライドしてずれるように。それに伴って、治療の方法も変わってきます。
こういったさまざまな要因を問診の際に、しっかり聴いて、実際に動かしてみて、痛みの原因を検証し、治療法を絞り込んでいきます。

af9940054608o.jpg何が原因か分からないけれども、ずっと痛みがあると、人は不安になりますが、痛みの原因が分かってくるだけで、まず安心できます。
「むち打ち症」や「めまい」などは、目に見える傷があるわけではないので、周りの人になかなか分かってもらえない部分でもあります。

また、同じ衝撃を受けても、人によって症状の現れ方やその度合は異なります。もともとの身体のつくりが、むち打ちになった場合、症状がひどくなりやすい人もいます。頭のケイに対して首がとても細い人、ストレートネック(首の前湾が少ない人)の人は治りが悪い場合が多いと言えます。 ですから、当院では、その人、その人に合った治療法で対応しています。

また、痛み止めなどの薬で治療していてもなかなか治らない人は、身体のバランスが崩れている可能性が高いので、しっかり検査(画像診断ではなく、身体の各部位を動かしながらの検査)を受けることをお勧めします。
「薬を使わずに、痛みの根本のを直していく」これは整骨院の強みのひとつと言えると思います。

人間の身体は良くできていて、傷んでいるところや弱っているところがあると、その部分を無意識のうちにかばってしまいます。
特に肩などは、患部をカバーして腕を上げることが出来たり、動かすことが出来たりしてしまいます。 ロボットではそうはいかないですよね。一箇所でも壊れたら動かないですから。

しかし、傷んでいるところをかばいながら過ごすことはできても、症状が良くなることはありません。雨が降ったり、寒くなると古傷が痛むのは、その患部が完治していないからです。
きちんと治療すれば治ります。完治していれば、交通事故にあっても、昔のむち打ちが痛むことはありません。
しっかりとした検査や問診によって治療を進めますので、交通事故に遭い困っている方、ぜひご相談ください。


このページのトップへ