side_inquiry.gif
ご相談メニュー side_voice_bnr.jpg
side_logo.gif

[所在地]
〒132-0034
東京都江戸川区小松川3-73
岩崎ビル1F
[アクセス]
JR総武線『平井駅』徒歩10分
都営新宿線『東大島駅』8分
[TEL]
03-5858-9455
[診療時間]
・月曜日~金曜日
9:00~12:00 15:00~20:00
・土曜日
9:00~12:00 14:00~17:00
・日曜日・祝日
休診

side_official_bnr.gif

HOME > 『むちうち症』って?

『むちうち症』って?

むち打ち症ってどんなもの?

むち打ち症とは突然の交通事故による衝撃に受け身がとれず体に衝撃を受けてしまい複雑で重い症状となることがあります。中には軽い衝撃だったためその後の検査では異常無かったのに、2~3日後から症状が現れ、だんだん強くなることもあります。

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、 首がムチのようにしなることから生じるので、 むち打ち症と呼ばれています。その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。
むち打ち症についてむち打ち症は首の正常な可動範囲を超えることにより、首の頚椎のバランスや関節、靭帯に問題が生じ、痛みがあらわれます。

主な痛みの箇所や自覚症状

  • 首の痛み、頭痛、肩こり、腰痛、めまい
  • 手の震え、手足のしびれ
  • 感覚異常、だるさ、倦怠感、吐き気、集中力の低下
  • ふらつき感、膀胱障害、パニック障害、うつ病

むち打ちの主な種類

椎捻挫型 頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多い症状です。
むちうち症全体の70~80%を占めているとされています。首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。また、首や肩の動きが制限されることもあります。
バレー・リュー型 後部交感神経症候群ともいいます。頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、 頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気等の症状が現れると考えられています。
脳脊髄液減少症型 頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、 下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。
また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。
神経根症型 頚椎の並びに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状がでます。首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。

そしてむち打ちは適切な治療を行わないとなかなか症状が改善されにくいという特徴があります。
交通事故に遭われてしまった方や現在治療を受けているがなかなか症状が改善されない方、まずはお気軽に当院にご相談ください。お客様の症状に合わせた診察を行い適切な治療をさせていただきます。


このページのトップへ